海外取引業者を利用する際の注意点


バイナリーオプションは、シンプルな取引ルールで人気の高い金融商品になります。
大まかな取り引きのルールは「ある物の価値が、一定時間の経過後に、あらかじめ決められた条件を達成できているか、できないか」に対しての予測をして投資を行い、予測が当たれば配当金が利益として受け取れ、予測が外れれば投資した資金を失いそんしつとなります。

この投資取引を行うためには、バイナリーオプションを取り扱っている業者と契約を結び、投資資金などを入出金するための取引口座を開設する必要があります。

取引業者は日本国内だけではなく海外にもあり、国内業者と海外業者では、その設定が大きく違っています。
日本のバイナリーオプションは2013年に大きな規制が入り、取引きの満了に掛かる一定時間の設定が最短で2時間といった様々な制限がされるようになりました。
これに対して、海外のバイナリーオプションはこうした日本国内の規制の対象にはならないために、満了期間などは最短のものでは数十秒で結果が出るものなどがあります。

また、配当金に関しても、国内バイナリーオプションでは定額制と決められているのに対し、海外ではペイアウト倍率という設定により、達成すべき条件の難易度によって、その配当金の大きさに変化があります。

このようなことから、国内のバイナリーオプションは、多くても一日に最大12回の取引きしか行えず、また配当金も定額制で射幸心をあおりたてるような要素も少なく、初心者にもやさしいローリスクローリターンの取引きで安定性と安全性の高い取引きが行えるものになっています。

海外のバイナリーオプションでは、短期の期間満了があるために一日にたくさんの取引きが行え、投資を繰り返し行う事により短期間のあいだに大きな利益を得ることも可能となっています。また、達成条件の難易度の差などにより、ペイアウト倍率も様々に違うために、相場の読み方によっては一回で大きな利益を得ることも可能となっています。

国内と海外を比べると、海外のバイナリーオプションの方がたくさん稼げてメリットが大きいと思うかもしれませんが、きちんとしたリサーチと自己管理ができなければ、わずかな間に資産をすべて失う可能性もあります。

単純な例でいえば、一日に行える取引きの回数が全く違いますので、自らで制限しない限り大きな金額を一日で失う危険があります。
一回の取引きに掛かる投資金額を1000円しても、国内ではその投資金額は最大で1万2千円となりますが、海外のバイナリーオプションで1分間で満期になる設定の取引きを選んだ場合には、わずか12分で同じ金額を失う事になるのです。

こうした取引ルールの違いのほかにも、以前よりはだいぶ改善はされてきましたが、やはり言葉の壁と入出金の管理の難しさは、初心者の投資家にとってはデメリットとなるかもしれません。

このように、バイナリーオプションには国内、国外に様々な業者がありますので、取引きを始める際には、それぞれの業者をよく比べて検討する事をお勧めします。